3Dデザイナーシリーズで、メタバースを普段使いする!

3Dデザイナーシリーズで、メタバースを普段使いする!


     

3Dデザイナーシリーズで、メタバースを普段使いする!

今回は「メタバースを普段使いする」です!

流れとしては、

1.3Dマイホームデザイナーなどで、建物や空間を作る。
  3Dマイホームデザイナーで家一軒作る動画はこちらです。
  

2.3D側のファイルメニュー「エクスポート」から、glb形式を選んで保存する。

3.「spoke」に、上記のファイルをドラッグアンドドロップする。

4.「spoke」から「HUBS」にアップする。

5.「invite」でURLを取得し、見せたい相手に送る。

6.相手がHUBS の空間に入ってきたら、近づいてしゃべる。

画質は劣りますが、離れたところ同士で、3D空間上で打合せできるのは便利ですね。

今回アップしたメタバースのURLは、

です。良ければ一度ご覧ください。

※今回の操作は、3DマイホームデザイナーPRO10EXで行っています。

機能の比較表はこちら。今発売しているほとんどの3Dシリーズで対応可能です。

※内容は、2022年7月のものです。

サポート情報はこちら。一度はぜひご覧ください!

デザインやモノの善し悪しなどはあくまで主観ですm(_ _)m

3Dマイホームデザイナー13の再生リストはこちら。

ブログはこちら。

#マイホームデザイナー
#アーキデザイナー
#メタバース
#メタバースを普段使い
#HUBS

フリーBGM
DOVA-SYNDROME

メタバースカテゴリの最新記事